Masaki Ogura

指導を希望する学生のみなさんへ

以下は,小蔵個人から学生のみなさんへのメッセージです.所属組織の見解を示すものではありません.現在所属している奈良先端科学技術大学院大学の修士課程を想定していますが,学外の方との共同研究も大歓迎です.

指導方針

おおざっぱに言うと「面白い研究を真剣にしてもらう」のが私の目標です.「うまく操りたい」(制御したい),あるいは「たくさん何かがつながっている」(複雑ネットワーク)ような問題だとなお良いです.研究の一例はこちらの研究紹介をどうぞ.

研究の内容?

面白ければ,私が知らない何かでも大丈夫です(勉強します).例えば,学生の提案で「製品開発のスケジューリング問題」に取り組んでいます.それまで見たことも聞いたこともありませんでしたが,今は楽しく取り組んでいます.大腸菌の両賭け戦略もその一例です.

理論的な研究ではないとだめ?

「応用」に興味が無いわけではないですが,実際に何かモノを作ることは少ないです.それはものづくりが得意な他の誰かがやればいいと思っています(適材適所).もちろん応用を視野には入れますが,あくまで数理的な方法論を提案し,MATLAB等のソフトウェアで実験や検証をすることが多いです.また,制御理論そのもの,あるいは複雑ネットワークそのものを追究することにあまり関心はありません.

なので,以下のような場合は私の指導はあまりおすすめできません:

修士2年間の流れ

特に決まったスケジュールはありませんが,M1の間に研究の練習,M2では本当の(?)研究をするのを目安にしています.

M1

M2

(作成中)